誰でも発症する病気|老眼の初期症状を知っておこう

Menu

医師

視力は年と関係ない

視力は人間の五感の中でも最も大事です。若くしてデジタル機器に慣れてしまうと老眼になってしまうこともありますので、自分の目のためにデジタル機器使用を控えたり防腐剤の入っていない目薬を使ったりして対策していきましょう。

婦人

日頃から休息させましょう

老眼は年齢とともに目は毛様体と呼ばれる筋肉が硬くなり、近くのピントを合わせることが難しくなる症状です。定期的にピントを近くから遠くに持っていき、負担を軽減させましょう。また、外出時や室内で眼鏡を使い分けると 快適に目を使用することができます。

目

眼精疲労の原因になります

気が付かないうちに進行していた老眼の影響で眼精疲労を感じる人がいます。40代半ばから発症する人が多く、最近ではスマートフォンの使用状況により老眼の若年化が進んでいます。定期的に休息と取り、正しく処方された眼鏡を使用して負荷を減らしましょう。

目

世代に合わせてケアしよう

老眼は眼鏡を掛けている人も掛けていない人も同じように発症します。比較的近視の人は老眼の発症に気がつきにくい傾向にあります。正視の人は老眼鏡を、近視の人は遠近両用などでケアしましょう。世代により進行度合いも異なっていくので定期的に検診が必要です。

レディ

目に良い成分を摂取する

老眼を予防できる成分にアントシアニンとルティンがありますが、食品からでは充分な量を摂取できないのでサプリメントを使います。サプリメントは毎日飲み続けることによって効果を出せるので、飲みやすさと価格で選ぶようにしてください。

サプリメントを役立てよう

目

早めに眼科を受診したい

40代を過ぎると、水晶体のピント機能が衰えてくるため、雑誌や新聞などの細かい文字が読みづらくなったり、近視の人はメガネを外すと近くの物が見えやすくなります。老眼は多少の個人差がありますが、老化現象のひとつなので誰でも罹る病気です。気になる症状が見られたら、早めに眼科を受診して検査を受けて下さい。新聞や雑誌を少し離すと、文字が読みやすくなる人がほとんどです。老眼を放置しておくと肩こりや頭痛、首の痛みなどの体の不調の原因になるため、自分の目に合った老眼鏡を使用することが大事です。現代はスマートフォンやタブレットの普及で、比較的若い20代、30代の人にも老眼の症状が見られるケースも増えています。老眼に罹る人が低年齢化しているため、眼鏡の専門店では現代は若々しいデザインの、老眼鏡が販売されています。お店でメニューを見る時や、読書や手芸をする時は老眼鏡を使用すると良いでしょう。40代を過ぎると少しずつ進行してくるため、老眼予防をしたい人が増加しています。優れた抗酸化作用のあるルテインやブルーベリー、ビルベリーなどのサプリメントを服用するのもお勧めです。ルテインはカロチノイドの一種なので、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜に含まれていますが、調理の工程で壊れやすいのが特徴です。一日に必要な量を摂取したい人はサプリメントを役立てると良いでしょう。普段の生活ではパソコンや、スマートフォンは必要な時だけ、使用することが大事です。